アスタキサンチンって何?

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、どのようなものなのでしょうか?

アスタキサンチンとは?


gttt

アスタキサンチンは血中脂質の活性酸素を抑制し、血管年齢を若々しく保つことが出来るための成分として有名です。最近になってアスタキサンチンががん細胞の増殖を抑制することも分かってきたようです。

その他、免疫力がアップしたり、抗酸化作用が強いので、アンチエイジングに役立ったりと、すでにコスメに取り入れられているものもあります。エビやカニなど、色素の赤い生物から摂れるのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンが凄いと言われているのはその抗酸化力だけではなく、アスタキサンチンが脳と目に働く抗酸化作用を持っているということです。

脳や目は生きる上で必須のものですが、不要なものを排除する作用があります。しかしアスタキサンチンはこの重要器官に栄養を送ることが出来るのです。

鮭は筋肉中にアスタキサンチンを持っている

また、鮭はもともとマスと同じく白身魚でしたが、アスタキサンチンを筋肉中にため込んでいるのでサーモンピンクと呼ばれるピンク色をしています。

散乱のために川を遡るパワーがある鮭は活性酸素がその中に発生するので、筋肉に大きな負荷がかかっている状態だと言えます。

それを除去するために筋肉中には大量のアスタキサンチンを蓄えていると言われています。

活性酸素を除去するためにアスタキサンチンをため込んでいると言いましたが、アスタキサンチンには強い抗酸化作用があるため、活性酸素を除去することが出来るのです。

ビタミンで言えばビタミンEの役割を果たし、活性酸素を抑制して物質が酸化するのを食い止めるのが抗酸化力と言われています。

抗酸化作用を持つカロテノイドの一種

1つの抗酸化物質が全ての活性酸素を除去出来るということはなく、活性酸素ごとに効果が出る抗酸化物質があります。しかしいかなる抗酸化物質も体の中で結びつき、抗酸化作用を強めています。

カロテノイドの一種であるアスタキサンチンもそんな抗酸化作用を持っている物質の1つです。ビタミンEよりも優れた抗酸化力を持っていると言われており、非常に重宝されているのです。

アスタキサンチンの効果や効能は多くありますが、なんといっても前述した抗酸化力の強さでしょう。トマトの赤い色素であるリコピンが肌に良いと言われていますが、それをしのぐ勢いだと言われています。

紫外線を浴びた肌は光老化という現象を起こし、肌のシワやシミ、たるみを作り出します。

loo

コスメにも取り入れられている

その原因をアスタキサンチン配合の化粧品を使うことでケアすることが出来ると言われています。

実際、すでにコスメに取り入れられているアスタキサンチンですが、まだまだメジャーではないのでお値段が張るコスメが多いです。

しかしそのうちアスタキサンチンをふんだんに使ったコスメが化粧品コーナーを埋めつくす日も近いかもしれません。

またLOLコレステロールの酸化を防ぐパワーを持っていますから、直接ではないにしろ、動脈硬化を防ぐことに対しても有効であると言われています。

目の老化にも効果があり、白内障の予防などにもなりますし、免疫力アップや脳細胞を守ることによって痴呆症を予防することが出来るとも言われています。

まさにマルチに活躍することが出来る成分であると言えます。